UP-MOCC

   

今回はUNPARALLELのシューズの一つである

UP-MOCC

について書いていく。

UNPARALLEL??

最近になって浸透してきたこのメーカー名、5.10の後継と言われていて発売前から注目されていた。ざっくり言うと、5.10の工場で生産されている商品である。そのため技術や素材は5.10とそこまで差は無いんじゃないかと思う。実際に比較をしていないからよくわからんけど。

そういうわけで早速本題に入りましょう。

どんなシューズ?

アップモックはファイブテンのモカシムを類似して作られたシューズと言われている。実際に僕はモカシムを履いたことが無いから性能の詳しい比較はできない。

購入のきっかけはレビューの方にも書いてあるが、それに加えてアルバイトでジムスタッフをしていて、脱ぎ履きするのが面倒で楽に履けるシューズが欲しかったためである。

故にサイズは余裕を持って履いている。

実寸25.4cmくらいでUS8を履いているが、攻めて履くのであればUS7、ジャストフィットならUS7.5だろう。ヒールフックを思い切りすると脱げるくらいには余裕がある。

そういうきっかけで購入に至ったのだが、

思ったよりもその性能に驚かされている。

このシューズ、目立つのはトウラバーが高面積で貼られている所である。そのため文句なしでトウフックは効いてくれる。

ヒールの形状は5.10よりはsportivaに似ていてしっかりとフィットして架かっている感じがある。5.10のように踵の空間を潰してフックするようなことはない。

先述の通りで思い切りヒールフックすることができないが、僕の好きな形をしているため安心してフットワークをこなせる。

そして剛性もあるため、細かいフットホールドにも乗れる利点もある。剛性があるためハリボテにスメアリングするのは少し厳しいことはある。

ただ、河原のボルダーにてスリップすることはあまり無いのではないだろうか。外で何回も使ってないから断定できないが。

そこはステルスの後継ソールとしての真価が出ていると感じた。

何よりもこのシューズの魅力的な部分は、

履きこなせば履きこなすほど足にフィットしてきて

思い通りのパフォーマンスを発揮できるところだ。

足の力に自信がある人は履きこなした状態であればどんな傾斜でも対応できる一足になると考えられる。

そうでなくても自由度の高いフットワークが期待できると言える。これは僕の経験であるため結構自信を持って言える。

初心者用シューズという立ち位置かもしれないが、それより遥かに高いポテンシャルを持っているシューズだ。

この夏に同社の上級者向けのスリッパタイプのシューズが発売されるらしいけどね。

N

 - ボルダリング, リードクライミング, 部員のコラム